柳本周介の思いつきコラム 『コミュニケーションの授業』

今朝の通勤時のことです。

地下鉄の駅でホームに上がるエレベーターのなかで
素敵な子供たちとお会いし、嬉しくなりました。

(地元の保育園に通うお兄ちゃんと妹さん
4歳と3歳ぐらいかな?
もちろん、お母さんもご一緒です)

私がエレベーターに乗ろうとすると

「どうぞ」と二人が言ってくれ
ドアを開けて、待っててくれました。

降りるとき

「先に降りてね」と開くのボタンを押して
私が言うと

お母さんが「この子ら、ボタンを押しておくのが
好きなので、どうぞお先に降りてください」と言われ

降り際

「ありがとうね」と私が言うと

「どういたしまして」とその保育園児が言ってくれて・・・。

別れ際、手を振ってくれていました。

(お母さんの教育、素敵ですね)

ほんと朝から気分がいいわ。

日本中、こんな人たち(こんな子供たち)ばっかりだったら
毎日がたのしいです。
今日の天気のように心が晴れ渡っています。


笑顔の側に

今日のコラムは創業記念日に
河村雅裕さんからの戴いたメッセージを
掲載します。

柳本先輩の気持ちを代弁して、歌にして詠んでみました。

118(いい歯)で笑う
創業日
笑顔の側に
支えあり

意味:(私、河村には計り知れないほど)
今まで色々のことがあったと思いますが
創業日ということで、バースデーなので
柳本先輩の中には、少なからず
嬉しい気持ちもあると思いました。
でも、その笑顔を本当に多くの人に支えて頂いていることに
感謝、というような思いを代弁して詠んでみました!

河村さん、本当にありがとう。
大学時、野球部の親友の部室に
『努力する者はいつも笑っている』という
言葉が書かれていました。
それを見たとき、これからはそう生きようと思いました。
あれから39年経ちますが、この言葉はいつも私の中心にあります。


素直なのが一番ですね。

今日1月18日は
株式会社オフィスビギンの創業日です。

丸23年が経ち
本日24年目を迎えました。

本当に皆さまのおかげで
ながく営業をさせてもらっています。

心から感謝しています。

「おかげさまで」という言葉が
身に沁みます。

感謝の気持ちを行動に移していきます。

もっともっと
お役に立てるよう精進します。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

       2019年1月18日

       株式会社オフィスビギン
       代表取締役  柳本周介

ちなみに今日は『一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)』なんですね。
24年前も同じく一粒万倍日。
「創業するならこの日がいいよ」と姉に教えてもらいました。
素直に人の意見を聞くのが大事ですね。


成功する人は必ず努力している。

今日のコラムは
友人のおざりんから
今日、私に届いたメルマガを
記載することにします。
とっても大事な話だと思います。

【努力】

「努力した者は
 
必ず成功するとは
 
限らないが、
 
成功する者は
 
必ず努力をしている」
 
と言う。
 
  
「たゆまぬ努力と
 
強固な意志力に
 
ツキと運が加わると
 
成功者になれる」そうだ。
 
  
傍から見えるその人の
  
「たゆまぬ努力」は
 
本人の「夢中の習慣」
 
かもしれない。
  
 
積み重ね続けてきた
 
「強固な意志力」は
 
本人の「直向さ」
 
かもしれない。
 
  
「ツキと運が加わる」とは
 
言い換えれば
 
「良き流れ」と「人のご縁」が
 
あればということだろう。
 
 
 最後は「ご縁とタイミング」次第。
 
 「ご縁とタイミング」を呼び込む
 
そんな日常を過ごしていく。

今日もいい風になりますように。

【愛の経営】小澤勝也