柳本周介の思いつきコラム 『コミュニケーションの授業』

身近な世界貢献

今日のコラムは
友人のおざりんのメルマガの引用です。

【世界貢献】
  
  
自分の感情は
  
自分の責任。
  
  
  
他人の感情は
  
他人の責任。
  
   
  
自分の機嫌は
  
自分でとろう。
  
  
  
他人の機嫌は
  
放っておこう。
  
  
  
自分はいつも
  
笑顔でいよう。
  
  
いつもご機嫌でいよう。
    
それが身近な世界貢献。
  
    
いつもニコニコ上機嫌♪
  
  
楽しいことを考えて
  
一日中楽しく過ごそう♪♪
  
  
今日もいい風になりますように。

【愛の経営】小澤勝也
ーーーーーーーーーーーー


起業家に向いている思考とは

『起業して食える人 食えない人』(松尾昭仁著)

若い人たち(学生さん等)とお話をしていると
「起業して成功する方法を教えてください」と
よく聞かれます。

私の場合
「ごめん、成功してへんからわからんわ」と
答えるしかありません。

「どうしたら起業できますか?」の問いには

「名刺に『代表』と書くだけで
 起業家やで」と言うのは簡単なのですが
フリーランスでやっていける人もいれば
すぐに根をあげる人もいるし・・・。

どう答えてあげたらいいなかなと・・・。

先日、ジュンク堂で
見つけたのがこの本です。

「起業に向いている向いてないは
『思考』だよな」とこの本を読んでみて
さらにそう思うようになりました。

本のなかに
「他人におごって喜ぶ」こんな人は食えると
書いていましたが、まさにそれが神髄だと思います。

ご飯を奢るとか、そんな意味だけじゃないですよ。
これは。
「惜しげもなく、喜ばれることをしようとする」と言った意味です。

私は奢られるのは、気を遣うので昔から苦手でした。
やっぱり起業してよかったかもしれません。

昨年、ある男子学生から
「僕は働くの嫌なので、起業をしようと思います。
 なんかいい仕事はないでしょうか?」と訊かれ

「僕は働くことが大好きだから起業したので
 申し訳ないけど
 働かずにお金だけ稼いでいる人に聞いてみてね」と
答えました。


上気元

今日で56歳になりました。

赤ん坊のとき
「この子は長く生きられないからもしれない」と
お医者さんから言われていたそうですが
なんか長く生きています。

というより
「なんでいつもそんなに元気なん」と
言われ続けています。

せっかく長く生きさせてもらっているので
周りがさらに明るくなるようにしてきます。

2017年のテーマが『上気元』なので
この上気元を広めていきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

              柳本周介

DSC_0987


起業に向いている人

「起業に向いている人ってどんな人ですか?」と
先日、学生さんからこんな質問を受けました。

「自分で商売を始めるって、めちゃめちゃ大変だよ。って
 私が言って、目を輝かして『どんなことが大変なんですか?』と
 言ってくる人が起業に向いてて
 大変だったら・・・と尻込みする人が向いてないね」と
答えました。

そしたら、この学生さんから
「柳本さんは起業後一番大変だったのは
 どんなことですか?」と聞かれたので

「女性が寄ってくる数が半端じゃなくて
 ホントたいへんだよ」と言うと

「僕、絶対、起業家になります」と。

彼はきっとうまくいく。

元気な若者と話をしていると
楽しいですね。