柳本周介の思いつきコラム 『就活の授業』

就活ルール撤廃について

今日の神戸新聞の夕刊に
新卒一括採用に関しての私の記事が
掲載されました。

就活ルールは
数年おきに変更になりますし
それ自体は
またか・・という感じです。

今回は、ルール撤廃ですか?

はい、はい。

新卒一括採用に
意義を申し立てる方々
(主に評論家と呼ばれている方々や経団連の一部の方など)が
いらっしゃいますね。
いろんな意見があるのはいいとして。

継続した新卒採用は企業組織の土台作りです。

成長している企業には
明確なビジョンがあり
そのビジョンを社員皆で達成するために
計画的に、毎年新卒採用を続けています。

(決して中途採用を批判しているわけではありません。
新卒採用をベースに中途採用をすることは
とてもいいことだと思っています。
中途採用も勿論いいんですよ。
中途の話はいいとして)

新卒採用を批判している経団連のお偉い方々の会社も
こんなふうにルール撤廃や新卒一括採用の反対をしていても
ほとんどの大手企業が間違いなく新卒採用を続けます。

「批判をしながら自分たちはそれを続ける」
不思議です。
「批判するなら自分たちはやめとけよ」と私は思います。
なんか釈然としませんね。

新卒採用に関して
企業も大学も就活生も
少しの間、混乱を招くでしょう。

そんななか
私はおとなしくしておきます。

自分がすべきことをコツコツと
やっておきます。

就活ルールを撤廃して
「いったい誰が儲かるねん!!」と
言われる方もいらっしゃるでしょう。

(大学1年生から内定を出して
4年生まで費用を掛けて
内定者をフォローし続けるのですから)
潤沢な資金のある一部の大手企業と
そのアドバイスや支援をする採用関連企業です。

採用関連企業が大儲けか???

あっ
ワタシやん???((笑))

冗談はさておき
学生さんや世の中全体のこと考えて
ルールを作ってもらいたいものです。


素直が一番

今日、大学生30名と社長5名が
「なんでも話し合いましょう」という
イベントがありました。

私は司会者役で参加していました。

そのなかで
学生さんから
「どんな人を採用したいですか?」という質問があり
株式会社NSKKの玉田社長は
「明るく、元気で、素直な人です。
 育てようと思って、新卒採用をしているから
 一緒に働きたい人がいいですよね。
 陰険で、不健康で、理屈ばかり言ったり、
 間違いを指摘され、キレれたりする人と
 一緒には働けないですからね」と学生さんに
ニコニコしながらそう答えていました。

他の社長も声をそろえて
素直な人がいいと話されていました。

素直な人は自己肯定感が高いですから
一緒にいて安心できます。

素直な人は
自分の長所短所もわかっていますから
自分が役立てることで、人に喜んでもらおうとするでしょうし
苦手ことは、人に遠慮なく助けを求めるでしょうから
わかりやすくていいです。

会社でも会社以外でも
一緒にいて楽しくなる人と過ごしたいものです。

今日は、このイベントに来てくれていた
学生さんとコラムを書きますね、と約束をしたので
久しぶりにアップさせてもらいました。

これからは
もう少し高い頻度でコラムを書くようにしますね。


バランス

「少しでもお役に立てて嬉しいです」

先週からインターンシップの学生さんを
二名、お預かりしています。

インターンシップ2日目の別れ際

「今日もありがとうね。
 おかげで、作業が進んだわ」と
私が言うと

「少しでもお役に立てて嬉しいです。
 そのために、来ていますから。
 柳本さんから学ばせてもらうだけでは
 バランスが悪くなりますから」と
学生さんの一人は私にそう言ってくれました。

彼らはわかっているんですね。

タダで教えてもらうだけではいけないということを

このような人たちは
間違いなく伸びていきます。

来月からまた一人
インターンシップ生が増えますが
とても楽しみです。


採用基準

今日、顧問先で面接試験がありました。

顧問先に向かう道中で
面接を受けてくれる男子就活生と一緒になりました。

私は彼にある質問をしました。

「面接の合否って
 どんなことで決めるかわかりますか?」(私)

「ええ? よくわかりません」(就活生)

「なかなかわからないですよね。
 好かれるか、好かれないかやねん。
 どんなに優秀な学生でも
 なんか嫌な感じだなと思うと
 不合格にするし
 筆記試験の点数が低くても
 この子は、育ててみたいと
 思うと、合格にするし・・・
 要は、好かれるかどうかやねん」(私)

「そのお話よくわかります」(就活生)

こんな話をしていました。

好かれるか、好かれないか

自分の言動や行動が
好かれるかものなのか
好かれないものなのか
このことを考えるのが大事ですね。


2018年4月入社 新卒求人倍率を見て

昨日のヤフーニュースで
昨年度(この4月入社)の求人倍率データが出ていました。

30年ぐらい前のバブル時とは
全く違う売り手市場ですね。

あの時は大手でも結構入り易かったですから。

このデータを見る限り
優良な中堅・中小企業を探すのが一番いいような気がします。

■大卒求人倍率(2018年卒、リクルートワークス研究所)

・300人未満 6.45倍(1人につき6.45倍の求人がある)

・300~999人 1.45倍(1人につき1.45倍の求人がある)

・1000~4999人 1.02倍(1人につき1.02倍の求人がある)

・5000人以上 0.39倍(1人につき0.39倍の求人しかない)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00218230-toyo-bus_all&p=2