柳本周介の思いつきコラム 『就活の授業』

採用基準

今日、顧問先で面接試験がありました。

顧問先に向かう道中で
面接を受けてくれる男子就活生と一緒になりました。

私は彼にある質問をしました。

「面接の合否って
 どんなことで決めるかわかりますか?」(私)

「ええ? よくわかりません」(就活生)

「なかなかわからないですよね。
 好かれるか、好かれないかやねん。
 どんなに優秀な学生でも
 なんか嫌な感じだなと思うと
 不合格にするし
 筆記試験の点数が低くても
 この子は、育ててみたいと
 思うと、合格にするし・・・
 要は、好かれるかどうかやねん」(私)

「そのお話よくわかります」(就活生)

こんな話をしていました。

好かれるか、好かれないか

自分の言動や行動が
好かれるかものなのか
好かれないものなのか
このことを考えるのが大事ですね。


2018年4月入社 新卒求人倍率を見て

昨日のヤフーニュースで
昨年度(この4月入社)の求人倍率データが出ていました。

30年ぐらい前のバブル時とは
全く違う売り手市場ですね。

あの時は大手でも結構入り易かったですから。

このデータを見る限り
優良な中堅・中小企業を探すのが一番いいような気がします。

■大卒求人倍率(2018年卒、リクルートワークス研究所)

・300人未満 6.45倍(1人につき6.45倍の求人がある)

・300~999人 1.45倍(1人につき1.45倍の求人がある)

・1000~4999人 1.02倍(1人につき1.02倍の求人がある)

・5000人以上 0.39倍(1人につき0.39倍の求人しかない)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00218230-toyo-bus_all&p=2


チェツク

昨日のコラムで
後片づけのお話を書きました。

選考試験で
筆記テストをした場合
テストの点数も評価対象ですが
机の上をキレイにして帰るかどうか
椅子を元に戻しているかどうか
そんなところも評価対象になります。

テストが終って
ほっとして
もしくは、これはまずいと思って落胆して
消しゴムのカスを
ほったらかしとか
ならないように気を付けてください。

企業によっては
テストの点数以上に
そのような姿勢を
見ている場合があります。

テストに限らず
後片づけは大事ですね。

今日も机の上は
キレイかな?

チェックしましょう。


後片付け

昨日も将来塾の授業の日でした。

塾では授業が終ると
皆で、掃除をします。
自分たちが汚した箇所は自分たちでキレイにします。

昨年のある時期まで
私は授業の翌日に
机の上を拭いていました。

実は昨年のある土曜日
私は高校生(当時高校1年生)の娘と買い物に行くついでに
オフィスに立ち寄りました。
(私のオフィスは部屋が二つあります。
 一つはオフィス、一つはセミナー室です)

娘がセミナー室に入るなり
「この学生さん、アカンやん
 机汚したまま帰っているし・・・。
 この学生さん、就活苦労するわ。
 お父さんは、就活のことを教える前に
 他に教えてあげなあかんことがあるんちゃうの。
 自分で使ったものは元に戻すとか
 キレイにしてから帰るとか
 人として大事なことを教えてあげないと」(娘)
娘は机の一つを見て
そう言いました。
御尤もです。
それ以降、塾の授業が終ると
皆で掃除をしてから帰るようにしています。

皆でする掃除は
なんか楽しいですね。


願い

static[1]

今日は大分県で
午前中、面接試験をしていました。

スリランカからの留学生も
面接に来てくれていました。

面接の最後に
「なにか会社に対して要望はありませんか?
 どんなことでもいいですよ。
 どこまでしてあげられるかはわかりませんが
 いろいろ言ってくださいね」と
私は彼女にそう言いました。

「はい。私はこの大分というこの町が大好きです。
 それで、もっと外国人の方々が
 働きやすい町になればいいと思っています。
 私がこの地で働くことで、少しでもそうしてけたらと
 思っています。それが要望というか、私の願いです」

彼女は、まっ直ぐに私を見つめたまま
そんなふうに答えてくれました。

要望が、願いが
人のために働くことなんですね。

私はこの要望を聞く前に
お給料のこと、休みが月に6日であること
残業が毎日1時から1時半あることを
伝えました。

「お休みが多いとか少ないこと
 残業なんか、いくらあっても
 そんなことちっぽっけなことは
 どうでもいいんです」と
さらりと言っていました。

素敵ですね。

「頑張る人を応援したい」
素直にそんな気分にさせてもらった一日でした。

PS 彼女は5ヶ国語を話せる才女です。
  東京のある団体からは通訳の仕事で
  来てほしいと言われているそうです。
  ただ、大分が好きで、大分で働きたいと
  思ってくれているようです。